忍者ブログ

gooseの散歩

日々の出来事を綴るblog (兼、趣味の備忘録)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BORN TO RUNを読んで、我身を振り返る・・・

ロングセラーになって気になっていたこの本を、やっと読むことが出来ました。


読み始めは、海外の作品に慣れていないせいか、読みにくさを感じていましたが、読み進むにつれ入り込む事ができました。
・タラウマラ族について
・世界中に長距離走る文化・民族がいる
・ウルトラマラソンについて
・人の体の構造に裏付けられた、人が持久走にむいている理由
・走り方について
・ナイキ等のシューズメーカーに対する批判
・様々なウルトラマラソンの様子と、出場者の様子
                  ・・・等々 内容盛り沢山でした。

こりゃ、街でも山でもランニングする人が増えるわけです。
日本の千日修行のことが少し書かれていて、おぉ~と嬉しくなりましたが、それならば飛脚とナンバ走りのことも分析して欲しかったナ~
それについて何かいい本はないだろうか?
※ビブラムファイブフィンガーズは興味あるけど、地下足袋でも良さそうな気がする・・・


読み終わると、自分の走り方は踵から強い衝撃を受けていないか?と気になる・・・
ゆっくりとしか走れないけど・・・
で、靴を裏返してソールの磨り減り方を見てみる。

・思いっきり、踵の外側が磨り減っている・・・
・母子球辺りの磨り減り方が、左足の方が大きい(足の中心線あたりだけど)・・・何故?
(感覚としては右足の方が、磨り減っていると思っていたのに???)

上り坂を走る時は母子球側から着地しやすいが、下り坂では踵から着地しやすいと思うんだけど、平地はどの様に着地しているのだろう・・・?
ネットでスコットという凄いランナーが平地を走る写真を見てみると、踵から着地しているゾ?
タラウマラ族の人は、確かにスコットよりつま先が上がっていないように見え、後ろ足のはね方が高い気がするナ~
ナンバ走りは嫌でも歩幅が小さくなり、着地の仕方が変わるのかナ?
飛脚はこの走り方で、凄い距離を走り続けたそうだけど・・・

ん~謎は深まるばかりです。
靴は買い換えずに履き続け、今後どんな磨り減り方をするのか様子を観るのも面白いかな。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
グース
性別:
男性
趣味:
散歩

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

ブログパーツ