忍者ブログ

gooseの散歩

日々の出来事を綴るblog (兼、趣味の備忘録)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相剋の森

邂逅の森」に引き続き、こんな本を読んでみました。
2010年は、里に熊出没が沢山確認された年で、隣の豊田市でも養蜂箱が荒らされたとのことでした。
そこで年の最後に手にした本が、「相剋の森」でした。
「邂逅の森」の主人公:松橋富治のひ孫達の世代(つまり現代)の話で、「邂逅の森」の後に引き続き読んだので、話が繋がり易く、すぐに入り込むことができ面白かったです。
富治のひ孫にあたる美佐子(ライター)が、ある猟師の言葉「山は半分殺して、ちょうどいい」の意味を知るべく、猟師達を取材し時には行動を共にすることで、猟師達と山との係わり合い方を理解し、その言葉の意味を感じ取っていく話です。


著:熊谷達也
作:相剋の森

・山は半分殺してちょうどいい。
 山を半分殺すかわり己の欲も半分殺す。
 山から恵みをいただく代わりに、山を護らねばならず、山で暮らす必要がある。
・異種間の「共生」を叫ぶ前に、「共死」という前提に蓋をするべきではない。
・ヒトという動物が持つ、払拭できない本質に、狩猟に伴なう快楽があるという事実を忘れてはい
 けない。
・熊を撃たなくても、現代は腹を満たす事はできる。
 しかし、食料という物の話ではなく、申し訳ないと思いながら、クマを追い仕留める行為そのもの
 が、生きる力を与えてくれる。
・自然保護や環境保全と狩猟を、2項対立させるのではなく、
 適度な狩猟ではびくともしないだけの、豊かな自然の実現を目指すべきなのでは。


※TVでは、クマは奥山のブナ枯れが原因でドングリの実りが減ったため、里に食料を求め下り
 て来たと報道していた。
 それを聞いて、なんとなく腑に落ちなかったことをblogに記した記憶があるが、事はそんなに単
 純なことなのだろうか?
 それが山で生活する人々の、正直な感想・見解なのだろうか?
 その前に、そもそも山とはどこから山で、奥山はどこから奥山なのだろうか?
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
グース
性別:
男性
趣味:
散歩

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

ブログパーツ