忍者ブログ

gooseの散歩

日々の出来事を綴るblog (兼、趣味の備忘録)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

西浦の変遷 (1945⇒2006)

昨日の午後から天候が回復し、今日も1日中良い天候でした。
昨日は帰宅後、日産マリーナ東海へ行き、周辺をのんびりと散歩しました。
様々な形のヨットやモーターボート、美しい夕日を見ることができ、楽しい一時でした。

釣具を持って行かなかったのですが、テトラポットの中が気になり、車の中にあったテグスにブラクリ仕掛とワームと付け、投入してみました。
コンコン・・・何かいる!
上げてみると、ワームがボロボロ・・・orz
やっぱり、フグでした(笑)

愛知県蒲郡市西浦町の変遷です。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
1945年(終戦年)               2006年
今から66年前といえば、終戦の年ですね。
その頃、西浦はどんな様子だったのでしょう?
写真で見る限り、ほぼ半島全周に浜が存在し、漁港は小さく、日産マリーナ(半島の左根元にあり、写真では切れて写っていません)や他の船溜も無く、明柄グラウンドのある場所は小さな湾(つまり海!)だったことが分かります。


州崎船溜の堤防外には、少し浜が残っています。
左の半島に西浦があり、右の島は沖ノ島です。
いつもカヤックで渡る場所ですが、こちらに入ることは無かったので、この景色は新鮮に感じました。


ワームも食べちゃうフグです。
ハゼ?メバル?カサゴ?・・・期待したんですけど(^_^;)


左には日産マリーナがあり、何隻も船が帰港してきました。(左写)
いろいろな形の船があり、見ていて楽しかったです。
右には前島・沖ノ島が見え、美しい夕日を見ることが出来ました。(右写)
海況は穏やかで、ファルトでなければ海へ出たいところでした。
(夕方からファルトを組み立てる事を考えると、やる気がなくなります・・・)

※現在の西浦は、ほぼ全周コンクリートで護岸され固められ、大きな港が開かれ、その外側には
 堤防が築かれています。
 西浦の人々が望んだ姿なのだから、仕方がありません・・・
 しかし、1945年の姿を写真で垣間見ると、実に自然な印象を受け、今の姿が痛々しく感じて
 しまいました。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
グース
性別:
男性
趣味:
散歩

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

ブログパーツ