忍者ブログ

gooseの散歩

日々の出来事を綴るblog (兼、趣味の備忘録)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガムラン公演とバリ舞踊(陶磁資料館にて)

10/29(sat)~11/6(sun)の間、リニモ沿線ミュージアムウィークが催されています。
昨日は、陶磁資料館へガムラン公演とバリ舞踊を観た後、愛・地球博公園へ移動し、愛・地球博記念館の見学と地球市民交流センターでの催し(馬頭琴演奏、アイヌ民族やアフリカの音楽と踊り、デニス・バンクスさんの話と歌を視聴)を楽しみました。



リニモ沿線の駅で、この様なパンフレットが貰えます。
様々なイベントが催されるそうなので、この機会にミュージアム巡りをしてみてはいかがでしょう。

※リニモは、大人¥800(小人¥400)で、1日乗車券が購入可能だそうです。
 また、期間中スタンプラリーが催されており、各施設に設置されているスタンプを集めると、記念
 品が貰えるそうです。


陶磁資料館での公演は、本来なら屋外で催す予定でしたが、雨天のため室内での公演となりましたが、むしろ独特の雰囲気を間近で楽しめ、これはこれで良いもんだなと感じました。
何とも言えないエキゾチックな音楽と舞踊でした。


陶磁資料館です。
雨天のため、屋外ステージではなく、室内で催しがありました。
楽市楽座という陶器の展示即売会は、早々に店じまいされていました。


「歓迎の踊り」です。


「ゴクラクチョウの踊り」です。


「森の王者の踊り」です。


ガムラン公演は「スアラ・スクマ」というグループが演奏し、バリ舞踊は「スルヤムトゥ」というグループによるものでした。



トヨタ博物館からカワイイ自動車が2台、貸し出し展示されていました。
赤い方は1955年製のメッサーシュミットKR200で、空色の方は1959年製のBMWイセッタで、共にドイツ製だそうです。
最近の車は、コンパクトカーといいながら、やたら大きくなりましたね~

※後方で演奏する方々の衣装は質素な感じなのに比べ、前方で踊られる方々の衣装は凄く華
 やかなものでした。
 今回の公演では、演奏グループのリーダーのみが男性で、他は全て女性でした。
 踊りの細かな動きや表情の変化にも、演奏がピタリと合い、大したものだな~と感心しました。

 演奏の様子を観ていると、ベースになっているリズムは、坊さんが木魚で調子をとる様に、こち
 らは金属の楽器で調子をとっていました。
 アンティークの家具を連想させる様々な楽器で、演奏されていました。
 室内に金属音がシャンシャン響き、大変迫力がある演奏でした。

 踊りは衣装も踊り方も妖艶でどこかエキゾチックな雰囲気があり、何がそう感じさせるのかな?
 と思いながらボ~と見とれていました。
 「ゴクラクチョウの踊り」の左写の女性は、容姿も踊りも大変美しく魅力的でした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
グース
性別:
男性
趣味:
散歩

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

ブログパーツ